睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査のご案内

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査のご案内

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは何?

無呼吸(10秒以上息をしていない状態)が一晩に30回以上生じるか、睡眠1時間当たり無呼吸が5回以上生じるものです。

症状としては、いびきや日中の眠気、起床時の頭痛、熟睡感がない、などが挙げられます。

何が問題になるの?

昼間の眠気により交通事故や労働災害などを引きおこす恐れがあります。

血中の酸素濃度が過度に低下し、高血圧、心筋梗塞、不整脈、脳血管障害など、生活習慣病にかかりやすくなります。

原因は何ですか?
  1. 舌、アデノイドや扁桃の肥大、首周りの脂肪などにより、上気道が狭くなることが原因となります。
  2. 肥満がなくても、小額症などであごが小さかったり、後退していたりして上気道が狭くなるとSASの原因になります。
どんな検査ですか?

呼吸の状態、血中の酸素飽和濃度などを睡眠中に検査します。測定に必要なセンサーを付けて眠るだけです 。自宅で検査ができますので、仕事を休む必要がありません。

<<検査の方法>>

  1. 呼吸状態の検査
    鼻に気流センサーを付けます。酸素を吸う鼻カニューラと同じです。
  2. 血中の酸素濃度の検査
    酸素飽和度センサーをテープで指に張り付けます。

どういう治療がありますか?
  1. 経鼻的持続気道陽圧療法(CPAP療法)が第一選択ですが、根治治療ではありません。
  2. 食生活や運動などの生活習慣の改善:肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の治療も大切です。
  3. 口腔装置の装着、耳鼻咽喉科治療もあります。
治療すれば治りますか?

CPAP療法により突然死、交通事故などを減らすことはできますが、原因となっている生活習慣病の治療が重要です。

ご予約・お問い合わせ

042-386-3757(外来コールセンター)まで、お気軽にどうぞ。