クリニックの研究業績について

当院での研究業績をお示しします。当院では、内視鏡検査や日常診療の内容をもとに、積極的に学会報告や論文発表を行い、医療界全体へのインパクトのあるクリニックとして日々活動しております。なお、一部の症例報告を除く全ての研究内容は、当法人あるいは共同研究機関の倫理審査委員会(IRB)での承認を得ています。


学会報告


  1. ■ 2018年

1. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部会例会 シンポジウム(12月、東京):石橋


2. United European Gastroenterology Weak 2018 招待口演(11月、ウィーン):石橋(Rising Star Award受賞)


3. United European Gastroenterology Weak 2018 口演(11月、ウィーン):小林(Travel Grant受賞)



  1. ■ 2019年

 

1. 第105回 日本消化器病学会総会 シンポジウム(5月、金沢):石橋


2. 第105回 日本消化器病学会総会 ポスター(5月、金沢):石橋


3. 第97回 日本消化器内視鏡学会総会 パネルディスカッション(5月、東京):石橋


4. 第97回 日本消化器内視鏡学会総会 ワークショップ(5月、東京):石橋


5. 第58回 日本消化器がん検診学会総会 シンポジウム(6月、岡山):石橋


6. 第108回 日本消化器病学会関東支部会例会 一般口演(6月、東京):石橋


7. Japan Digestive Disease Weak 2019 ワークショップ(11月、神戸):石橋


8. United European Gastroenterology Weak 2019 口演(11月、バルセロナ):石橋(Travel Grant受賞)


  1. ■ 2020年

1. 第48回 総合検診医学会大会 一般口演(2月):石橋


2. 第106回 日本消化器病学会総会 ポスター(4月):石橋


  1. 3. 第99回 日本消化器内視鏡学会総会 ワークショップ(9月、京都):石橋

 

  1. 4. Japan Digestive Disease Weak 2020 ワークショップ(11月、神戸):石橋

 

  1. 5. Japan Digestive Disease Weak 2020 パネルディスカッション(11月、神戸):石橋(若手奨励賞受賞)

6. 第111回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 ワークショップ(12月、東京):石橋



  1. ■ 2021年

 

    1. 1. 第107回 日本消化器病学会総会 ワークショップ(4月、東京):石橋

    1. 2. 第101回 日本消化器内視鏡学会総会 シンポジウム(5月、広島):石橋

  1. 3. 第112回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 シンポジウム(6月、東京):石橋

 



論文発表


1. Fumiaki Ishibashi, Keita Fukushima, Takashi Ito, et al. Influence of Helicobacter pylori Infection on Endoscopic Findings of Gastric Adenocarcinoma of the Fundic Gland Type. Journal of Gastric Cancer. 2019 Jun;19(2):225-233.



2. Fumiaki Ishibashi, Keita Fukushima, Ryoichi Onizuka, et al. Risk of progression to eosinophilic esophagitis in patients with asymptomatic esophageal eosinophilia: A retrospective pilot study. Journal of Gastroenterology and Hepatology Open. 2019 Oct 11;4(3):422-428.



3. Fumiaki Ishibashi, Konomi Kobayashi, Keita Fukushima, et al. Quality Indicators for the Detection of Helicobacter Pylori-Negative Early Gastric Cancer: A Retrospective Observational Study. Clinical Endoscopy. 2020 Mar 13; Online ahead of print.



4. Fumiaki Ishibashi, Keita Fukushima, Konomi Kobayashi, et al. Individual feedback and monitoring of endoscopist performance improves the adenoma detection rate in screening colonoscopy: a prospective case-control study. Surgical Endoscopy. 2020 May 28; Online ahead of print.



5. Fumiaki Ishibashi, Tomohiro Kawakami, Konomi Kobayashi, et al. The relationship between withdrawal time and adenoma detection rate in a screening colonoscopy for medical check-up. Health Evaluation and Promotion. 2020 June; Online ahead of print.


  1. 6. 石橋史明、馬場哲、小林小の実、川上智寛、田中 龍、杉原一明、渡辺英伸. ステロイドパルス療法により collagen bandが消失したcollagenous gastritis1. 日本消化器内視鏡学会雑誌. Vol 63(6). Jun. 2021.

 

  1. 7. Fumiaki Ishibashi, Ryu Tanaka, Kazuaki Sugihara, et al.Pre-administration of super-low volume polyethylene glycol is as effective as senna laxative as bowel preparation for colonoscopy: a randomized controlled phase 2 trial. Surgical Endoscopy. 2021 Jun 22.

Online ahead of print.



PAGE TOP