婦人科Gynecology

婦人科Gynecologyについて

日本では、毎年約15,000人の女性が子宮頸がんにかかります。特に20~30代の若い年代で急増しています。

子宮頸がんの原因のひとつはHPV(ヒトパピローマウィルス)というありふれたウイルスでで、誰でも子宮頸がんになる可能性があります。

しかしながら、定期的な検診を受けることで、がん発症の前段階での発見・治療ができます。また、たとえ、がんが発症しても、早期に発見すれば子宮頸部のごく一部を取り除くだけで完治し、その後の妊娠・出産も可能です。


早期発見・早期治療のためには、「子宮がん検診」を定期的(1年に1回)に受けましょう。


子宮がん検査は、短時間で簡単な検査で済みます。まだ検査を受けたことがない方は是非お申込み下さい。

また、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウィルス)のウィルスの一部(※)は、予防ワクチンによる感染予防が可能です。当クリニックでもワクチン接種を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

teltel


※HPVは100種類以上の型があり、そのうち15種類程度ががんを引き起こす「高リスク型」と呼ばれます。


「子宮頸がん」に関する詳しい情報は、「もっと守ろう.jp」をご覧ください。

※ただ今の時期、診療が大変混み合っておりますので、予約をお勧め致します。
 診療状況により、別日をご案内させて頂く場合もございますので、予めご了承くださいませ。

ご予約・お問い合わせ


teltel

婦人科スケジュール   診療案内はこちらから

横にスクロールしてください

時間帯
午前 田嶋*2 堀部*1*2 田嶋*2 栗原*2 田嶋*2 交代制*2*3
午後 田嶋 堀部*1 田嶋 佐野 田嶋 交代制*3

*1東京女子医科大学病院医師で担当

*2健康診断が優先となりますので状況により別の外来をご案内する場合があります。

*3国立がんセンター・武蔵野赤十字病院医師で担当

婦人科休診情報

  • 休診情報はありません。

医師紹介

田嶋 わか奈
田嶋 わか奈(たじま わかな)
卒業大学 1996年3月 順天堂大学医学部卒
主な経歴 1996年4月- 武蔵野赤十字病院初期研修

1998年4月- 順天堂大学産婦人科教室入局
専門領域 女性のヘルスケア

受診される方へのメッセージ

女性が健康に過ごせるようお手伝いさせて頂きます。

佐野 靖子
佐野 靖子(さの やすこ)
卒業大学 2010年 順天堂大学
主な経歴 2012年 順天堂大学附属練馬病院 産婦人科 助手

2014年 順天堂大学附属順天堂医院 産婦人科 助手

2017年 社会福祉法人 賛育会 賛育会病院 産婦人科 医長

2019年 順天堂大学産婦人科 非常勤助教 
専門領域 日本産婦人科学会認定 産婦人科専門医

日本女性医学学会専門医(更年期障害、女性のヘルスケア専門)

医学博士 (順天堂大学大学院 医学研究科)

受診される方へのメッセージ

症状があるのに婦人科の受診を躊躇われている方はおられませんか。婦人科の一般診療はもちろん、更年期障害とヘルスケア(月経不順や月経困難症等)の専門医です。患者さんがリラックスして診察を受けられるように心がけております。

北村 翔一
北村 翔一(きたむら しょういち)
卒業大学 2014年 聖マリアンナ医科大学卒
主な経歴 2014/4~2016/3 総合病院 国保旭中央病院 初期研修医  2016/4~2020/3 総合病院 国保旭中央病院 産婦人科   2020/4~ 国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科    現在に至る

専門領域 産婦人科専門医

受診される方へのメッセージ

できるだけ不安を無くし、分かりやすく丁寧な診察を心がけます。