健診結果の見方 二次検査のご案内

健診結果の見方 二次検査のご案内Re-examination / Detailed examination

健康診断結果の見方

健康診断を受診して一番難解なのが、専門用語の理解とその解釈のしかたです。検査データが異常になっていても、数字の羅列でちょっとわかりにくいかもしれません。各項目の見方がわかれば、もっと健康づくりに活かせます。
健康診断を受診された方に少しでも分かりやすく、しかも誤解のないように検査項目の解説や、受診・判定後の対応方法をご説明いたします。

総合判定とは

従来、健康診断は疾病の早期発見・早期治療が重視されてきましたが、近年は現在の健康状態を調査し、食習慣や運動習慣などのライフスタイルを見直すきっかけとして活用するようになってきました。

A 異常なし 「今回の検査の範囲では異常は認められません」というのは、「限られた検査項目の範囲で異常は見つかりませんでした」という意味です。
今後も将来において異常がないことを保証している、ということではありません。
したがって、自覚症状がある場合は健診結果を過信せずに医師の診察を受けるようにしましょう。
B 軽度の異常 健診の基準値は、統計によりその正常範囲を決めているため、個々の体質は考慮されません。
B判定は病的な意味をあまり持ちませんので、心配せず日常生活をお過ごしください。
「A:異常なし」同様、自覚症状がある場合は健診結果にかかわらず医師の診察を受けるようにしましょう。
C 要経過観察

数値や所見について、指定の経過期間の後に再検査を受けてその変化をみることで、病気であるかどうかを判断します。

糖代謝・脂質などの、いわゆる生活習慣病を示唆する項目で指摘があった方の場合は、生活習慣の改善をはかり再検査をお受けください。
1年後経過観察の方は、次の健診の結果を今回の結果と比較してください。
D2 要精密検査

異常所見が認められます。医療機関にてさらに詳しい検査を受けてください。
その上で今後の方針を医師とご相談下さい。

D1 要医療 判定基準において、治療が必要であるとの判断になっています。
医師と治療についてご相談下さい。
E 治療中 引き続き治療を継続してください。

二次検査のご案内

健康診断を受診後、結果の指示に従ってお早めにご受診ください。
当院では予約を頂かなくてもご受診は可能ですが、事前にお電話を頂けますと専門医や適切な医師へご案内いたします。
当院以外でご受診された健康診断の二次検査も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

ご予約について

健診結果をお手元にご用意していただき、下記連絡先に「健康診断の二次検査の予約」とお申し出ください。

予約受付時間月~土曜 8:30~17:30

当日の持ち物

健康保険証
健診結果

各検査項目に関する注意点

血液検査
要精密検査注意点
肝機能、血糖値、脂質系(総コレス
テロール、HDLコレステロール、
HDLコレステロール、中性脂肪 等)
  • 念のため来院の6時間前までに食事をお済ませ下さい。
  • 糖尿の薬を内服中の方は主治医の指示に従って下さい。
  • その他の薬は通常通り内服可能です。
  • 水分はお水かお茶であれば制限はありません。
貧血・多血症等 制限なし
アミラーゼ、CEA、CA19-9、AFP
  • 念のため来院の6時間前までに食事をお済ませ下さい。
  • 糖尿の薬を内服中の方は主治医の指示に従って下さい。
  • その他の薬は通常通り内服可能です。
  • 水分はお水かお茶であれば制限はありません。
尿酸、PSA・CA125・SCC抗原、
p-53抗体、PIVKAⅡ、エラスターゼ
制限なし
尿検査
要精密検査注意点
  • 念のため来院の6時間前までに食事をお済ませ下さい。
  • 糖尿の薬を内服中の方は主治医の指示に従って下さい。
  • その他の薬は通常通り内服可能です。
  • 水分はお水かお茶であれば制限はありません。
蛋白、潜血、沈渣 制限なし
便検査
要精密検査注意点
便潜血陽性 制限なし
胸部レントゲン検査
要精密検査注意点
胸部レントゲン検査 制限なし
心電図検査
要精密検査注意点
心電図検査 制限なし
婦人科検査
要精密検査注意点
乳がん検診 制限なし
子宮がん検診
  • 可能であれば月経期間を避けてお越しください。
  • 健診受診時に医師から受診時期について指示があった場合には
  • そちらに従ってください。