ペインクリニック(痛み外来)

ペインクリニック(痛み外来)painclinic

ペインクリニック(痛み外来)painclinicについて

概要

「ペインクリニック」は痛み(ペイン:Pain = 痛み)を専門的に治療する診療科です。当科では、痛みの原因は、何らかの障害によって起こるだけでなく、各個人の心身の状態も深く関わって生じるものと考えています。そのため患者さんの局所の痛み治療だけでなく、身体全体から痛みの原因を的確に判断し治療していきます。

痛みは非常に不愉快で恐ろしいものですが、この痛みは同時に体の内外の異常を伝える警告反応でもあります。しかし強い痛みや長い痛みが続くことは、私達の生活に弊害を生じさせます。このような観点から、痛みの軽減はとても重要で、局所の痛みは神経ブロック、西洋薬や鍼、慢性的な痛みには漢方や鍼を主体として治療しています。

 

神経ブロックとは

神経ブロックは、ペインクリニックの特徴的な治療法です。局所麻酔薬等を注射針を通して、神経の興奮伝達を一時的または半永久的に遮断する手法です。時に局所麻酔薬に抗炎症作用のあるステロイドを注入することもあります。この手法は、神経に直接あるいは神経の近くに薬液を浸透させるため、鎮痛薬で効かない場合でも効果を上げる事が出来ます。腰痛、下肢痛、頭痛などを引き起こす、多数の疾患の治療に用いられます。

「痛みの悪循環」を断つ

痛みの刺激は、神経を伝わり脊髄、そして脳に達し、痛みとして感じられます。一部は脊髄を介して運動神経や交感神経を刺激します。すると筋肉や血管の収縮が起こり血行が悪くなり、酸素不足や代謝産物の蓄積を起こします。これらがまた痛みの原因となります。そしてさらなる痛みを生じ痛みが増幅されていく。これを「痛みの悪循環」といいます。頭痛なども我慢していると益々痛みが強くなるのはこのためです。一時的にでも痛み刺激をブロック(遮断)すれば、この「痛みの悪循環」を断ちきることができます。これが、神経ブロックが痛みの治癒にとって有効な選択肢の一つとなっている理由です。

西洋医学と東洋医学を融合した治療

痛みがあると、物事に集中できず、気分的にも落ち込みがちになり、日常活動は大きく損なわれます。健やかな日常生活を過ごすために痛みの除去、軽減は重要です。私達の痛みは種々の要因で生じますが、内科的治療、外科手術、整形外科手術などで取り除けない痛みも多くあります。ペインクリニックでは、主として西洋医学的な治療である神経ブロック療法や西洋薬が用いられます。疾患によってはこれらの方法が極めて有効なこともあります。しかし痛みの原因は複雑でありその感じ方は主観的なものです。西洋医学を駆使してもなかなか痛みの改善はみられず、治療に難渋することがあります。

そうした時、東洋医学的な治療である漢方薬や鍼は、痛みの軽減に力を発揮します。身体状態、病状や病気の種類によって、最初から東洋医学的な治療を開始することもあります。当院では、西洋医学と東洋医学の長所を生かして、人間本来の治癒力を引き出す治療、いわゆる統合医療で痛みの軽減を目指しています。

慢性痛に対する治療

痛みが慢性的(通常3ヶ月以上痛みが続く:慢性痛)になると、神経ブロックだけでは効果がないことがあります。慢性的な痛みは局所の痛みのみならず、身体全体のアンバランスや心理的な側面から、脳の痛みの感受性がリセットされ痛みを増強します。慢性痛は、局所のみならず身体全体の血のめぐりに影響し、痛みを一層助長させます。特に冷えがあると痛みは助長され治療に難渋することが多々あります。このような時に漢方薬や鍼を併用すると、驚くほどの改善がみられることがあります。当院では、常に身体全体のことを考慮しつつ、神経ブロックや西洋薬による治療のみならず、東洋医学的治療を加味して治療します。

 

ペインクリニックの適応疾患

ペインクリニックで適応となる痛みの疾患は以下の通りです。

痛みの中で特に多いのは、頭痛、腰下肢痛、肩こり、五十肩、帯状疱疹痛等ですが、当科ではこれらの疾患のみならず下記の疾患も治療しています。

お心あたりの疾患があれば気軽にご相談下さい。


全身
:帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、線維筋痛症、血流障害(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、膠原病)、レイノー症候群、多発性神経障害、複合性局所疼痛症候群、脳卒中後痛、脊髄障害性痛


頭部
:頭痛(緊張型頭痛、ひどい肩こりからくる頭痛、片頭痛、群発頭痛など)、顔面痛、非定型顔面痛、三叉神経痛、帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、特発性後頭神経痛、網膜中心動脈閉塞症


頸部・肩・上肢
:肩こり、五十肩、頸椎症(頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頸椎椎間関節症)、テニス肘、胸郭出口症候群、幻肢痛


胸部
:肋間神経痛、帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、腕神経叢引き抜き損傷後痛


腰部・仙骨部・下肢
:腰椎症(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、腰椎分離すべり症、腰椎椎間板関節症)、ぎっくり腰、仙腸関節症、尾骨痛、会陰部痛、肛門部痛、坐骨神経痛、梨状筋症候群、変形性膝関節症、幻肢痛

ご予約・お問い合わせ

teltel

ペインクリニック(痛み外来)スケジュール   診療案内はこちらから

横にスクロールしてください

時間帯
午前            
午後   青木        

ペインクリニック(痛み外来)休診情報

  • 休診情報はありません。