漢方内科Kampoについて

概要

漢方治療では漢方の服薬以外に“養生”が重要なウェートを占めていると考えております。治療効果を高めるために生活習慣の歪みを是正するのがとても大事だとご説明し、是非患者さんご自身が主体となって、医師と協力し合いながら体の不調を治して頂ければと思います。

漢方治療について

漢方治療は、一人ひとりの患者さんの体質や自覚症状を重視し、QOLの向上を目指す「心身一如」すなわち病気を診、さらには人を診る医療であり、心身に優しい治療とも言えます。

しかしながら、漢方治療にも、得手不得手があります。 一般に漢方が劇的に効果をあらわすのは、自律神経が関与したもの、免疫機構が関与したもの、内分泌系が関与したもののいずれかであることが多いと言えます。

その一方で、漢方の弱点としては、手術を要する疾患(例えば、がん)、細菌感染症(例えば、肺炎)といったものが挙げられ、こうした病気があることがはっきりしているときは漢方だけにこだわる必要はなく、西洋医学的アプローチも大切になります。

お薬について

小金井つるかめクリニックには、140種類以上の漢方エキス剤がそろっています。診療の後、処方せんをもとにクリニック内の薬局でお薬をお渡しいたします。(煎じ薬ご希望の方は、院外処方せんになります。)

エキス剤とは一度煎じた漢方薬を凍結乾燥させたもので、顆粒、細粒、カプセル剤、丸剤などの剤形があります。エキス剤は煎じる手間がないので服用のし忘れが少なく、外に出かけるときに携帯するにも便利です。


漢方薬は自然の生薬からできた、身体を調和させていくお薬です。
心身両面に、やさしく、穏やかに働いていきます。
がんの緩和・補助治療のご案内

がん治療中・治療後の患者さんを漢方薬が支えます。

厚生労働省が2003年に実施した調査によると、がんと診断された時点で働いていた人のうちの31%が依願退職しています。

治療による体力や気力の低下、退院後の通院治療が重なり、「会社に迷惑をかけてしまう」と退職される方が多いようです。

漢方薬は、がんと診断された時から、倦怠感、気力低下、食欲不振、便通異常、しびれ、浮腫、冷えなどの症状の緩和、治療中や治療後の回復まで患者さんを支える力になります。

お気軽にご相談ください。

診断方法について

漢方診療においては、望診、問診、聞診、切診といった漢方特有の診断を行います。

望診

顔色や体格、皮膚の色、動作などをよく観ることです。この望診のなかに舌診という舌の診察があります。舌の形状や舌質の色、苔の色や厚さにより、体力や寒熱などを判断します。舌診は漢方診療において非常に大切な項目です。

問診

主訴や自覚症状、病歴、家族歴を確認する点では現代医学と同じですが、食欲、排便、睡眠、汗、口の渇き、月経の状態、冷えやのぼせなど、いくつかの必要な項目を確認し、全身状態を把握します。

聞診

声の調子や呼吸音、咳の音、おなかの鳴る音などを観察することです。においなど嗅覚による情報も聞診にあたります。

切診

体に触れて診断することで、現代医学でいう触診を意味します。この切診で特に重要なのは、脈診と腹診です。脈診は脈を診ることです。両手首の動脈に指をあてて、脈の力や速さを確認します。腹診は腹部を診ることです。腹部を触り、充実度や圧痛点を確認します。

これらの漢方的なものさしによって、個々の症状や全身状態を総合的に判断します。証は体質ともいえます。これらの個別的な所見を証といいます。証が決まるとそれに対応する漢方薬が決まります。

よくある質問

よくある質問についてはこちらをご覧ください。

受診の流れ

ご予約

ご希望される医師・希望日をお電話で予約してください。
※はじめに「漢方希望」とお申し出ください。

teltel

受付
問診票のご記入が必要ですので、ご予約時間の30分前にお越しください。なお、ご持参可能な方はご予約時間通りで構いません。
※現病歴と服薬状況を用紙1枚にまとめていただけると診察がスムーズです。

ご注意

最新の検査データ(健康診断結果、あるいは他院の検査結果)があれば、必ずご持参ください
投薬の安全性を確認するため、受診の際に血液検査、尿検査、CT等の各種検査をさせていただくことがあります。

診察

問診・舌診(舌を診ます)・脈診・腹診(お腹をさわる)を含めた診察を実施します。
※舌苔を歯ブラシなどでこすり取ると、診察に差し支える場合がございます。
※脈診をいたしますので、腕時計や袖口のボタンは予め外してお待ちください。
※ボディスーツの着用はご遠慮ください。

診察終了後

診察終了後は、外来受診と同じです。外来受診の流れはこちら
お薬のお渡し、お会計がございますので、受付前の待合椅子にお掛けになってお待ちください。

漢方科スケジュール

横にスクロールしてください

時間帯
午前 溝部     星野・溝部 西元・溝部 溝部(第1・3・5)
午後 溝部     溝部 溝部・岩下 溝部(第1・3・5)

漢方科休診情報

  • 休診情報はありません。

医師紹介

星野 卓之
星野 卓之(ほしの たかゆき)
卒業大学 平成8年 自治医科大学医学部卒
主な経歴 国保旭中央病院内科

鴨川市立国保病院内科

国保東庄病院内科

北里大学大学院医療系研究科を経て、北里大学東洋医学総合研究所漢方診療部勤務
専門領域 消化器内科(日本消化器病学会専門医 日本内科学会専門医)

東洋医学(日本東洋医学会専門医)

受診される方へのメッセージ

地域に根ざした全人的医療に携わった後、現在では、より総合的な医療を目指して漢方の診療・研究を行っています。西洋医学と東洋医学、それぞれの良い点を生かして、通常の外来では取り上げにくいような症状にも対応していきたいと考えています。

溝部 宏毅
溝部 宏毅(みぞべ ひろき)
卒業大学 1984年 久留米大学卒
主な経歴 1984年 東京女子医大 循環器内科

1992年 東京女子医大 東洋医学研究所

1995年 みぞべ内科循環器医院

2013年 岩手県立 高田病院

2016年 岩手県立 久慈病院

2017年~ 岩手医科大学 非常勤講師(麻酔科・総合診療科)

2018年~ 日本東洋医学会 岩手県部会長
専門領域 日本内科学会 認定医 総合内科専門医 指導医

日本東洋医学会 専門医 指導医

日本医師会認定 産業医 健康スポーツ医

受診される方へのメッセージ

高血圧、狭心症、不整脈などの循環器疾患を全般的に診ています。胸痛や動悸などの症状がある方には検査を行ない、治療を行っています。現在は漢方治療も担当していて、更年期障害、冷え性などの方を診ています。いろいろな検査をしても異常がない方、気のせい、年のせい、と言われている方も、なんとか症状が楽になるように治療を行っています。治らないとあきらめている症状がある方、相談においで下さい。

岩下 みゆき
岩下 みゆき(いわした みゆき)
卒業大学 1982年 順天堂大学医学部 卒業
主な経歴 慶應義塾大学小児科研修医、その後順天堂大学皮膚科入局、順天堂江東高齢者医療センター皮膚科、江東病院皮膚科を経て、現在順天堂大学総合診療科漢方外来非常勤
専門領域 漢方一般(漢方専門医)

皮膚科一般(皮膚科専門医)

受診される方へのメッセージ

一般皮膚科診療に加え、漢方診療も行います。皮膚は体の一部ですので、漢方治療で体を内部から整えると皮膚症状がよくなることが多くあります。必要とご希望に応じて漢方治療を併用致します。また皮膚症状以外の様々な体の不調に対しても漢方治療を行います。どうぞよろしくお願い致します。