糖尿病専門外来Diabetes

糖尿病専門外来Diabetesについて

概要

糖尿病の患者は非常に多く、日本では約600万人いると推測されます。治療は一見簡単にみえますが、専門医による治療を受けるか受けないかで大きく予後が違います。

糖尿病あるいは、その疑いと言われた方は、是非一度、糖尿病専門医の診察をお受けください。お待ちしています。

1.血糖のコントロールが悪い状態が続くと重篤な合併症を引き起こします

糖尿病三大合併症は・・・

  • 糖尿病性網膜症・・・放っておくと失明
     糖尿病性網膜症による視力障害は年間に約3,500人!
  • 糖尿病性腎症・・・・腎臓が機能しなくなると透析
     糖尿病性腎症によって新規に透析導入となった患者数は年間に約15,000人!
  • 糖尿病性神経障害・・しびれが続く 末梢の壊死など
     足壊疽(えそ)による切断は年間3000人以上!

その他にも高血糖状態が続くと全身の血管がボロボロになるので、動脈硬化も 進みます。心筋梗塞・脳梗塞・頸動脈狭窄など合併症は体中どこに発生しても 不思議ではないと言えます。

当院では、眼科・循環器科・腎臓内科・脳神経外科・神経内科・皮膚科などそろえており、糖尿病をトータルでサポートいたします。

糖尿病三大合併症は・・・

2.糖尿病は、初期には症状がなく気づかないうちに重症化する病気です

最近お腹がでてきた 太った

・このままの生活習慣をつづけると危険です。
・もしかしたらすでに糖尿病予備軍かもしれません。

のどが渇く 尿の量が多い 飲水量が多い 発汗が多い

  • ・すでに糖尿病予備軍の可能性があります。
  • ・2次検査を受けるようにお知らせが来ていたら、必ず受診することをお勧めします。

健康診断で空腹時のどが渇く 尿の量が多い 飲水量が多い 発汗が多い

・健康診断を受けていなければ、外来の受診をお勧めします。
・糖尿病の症状かもしれません。
・健康診断で、★空腹時血糖126㎎/dl以上★ヘモグロビンA1c(NGSP)6.5%以上は糖尿病の可能性大です!
糖尿病外来にかかりきちんとした診断を受けましょう。

家族に糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞・高血圧の方がいる場合も要注意です

・厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」で糖尿病が強く疑われる成人男女が約950万人に上ることがあきらかになりました。
・糖尿病患者さんとそうでない方の寿命の差は、およそ10~13歳隔たりがあります。

自分はまだ大丈夫だろうと思わず、今のうちから適切なアドバイスを受けてください。

3.糖尿病治療について

糖尿病治療には、生活習慣の改善・食事療法・運動療法 内服薬での治療 インスリン療法 合併症のサポートがあります

生活習慣の改善・食事療法・運動療法

糖尿病専門の医師が丁寧に問診をし、個々の生活習慣にあった指導をいたします。必要に応じて管理栄養士や看護師も指導、アドバイスを行います。
食事療法は、特定の飲食品を禁止するものではありません。食事も運動も 量やバランスを考えていただきます。

内服薬での治療

生活習慣の改善だけでは状態の改善が難しく、身体に負担がかかる場合は薬物治療を行います。薬を始めたら一生飲み続けなければいけないと勘違いされている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。身体の負担が改善し、薬に頼らなくても健康な状態が保てるようになれば、薬は止められます。

インスリン療法

できれば、やりたくない治療のひとつかもしれませんが、使用の考え方は内服薬治療同様です。膵臓がダメージを受け、インスリンが出せなくなっている状態ですので、改善するためには少し長期になる治療かもしれません。また、膵臓が健康にもどる余力がなくなるまでダメージを受けると、一生使用していかなければいけません。
★インスリン療法と言われたら・・・
インスリン療法を躊躇するのではなく、“膵臓にかかる負荷を早く取って あげる”ことを考えてください。

4.合併症のサポート

当院では、眼科・循環器科・腎臓内科・脳神経外科・神経内科・皮膚科などそろえており、糖尿病をトータルでサポートいたします。

糖尿病治療には、生活習慣の改善・食事療法・運動療法 内服薬での治療 インスリン療法 合併症のサポートがあります

4.その他の取り組み

病診連携

当院は下記主要病院と病診連携をとっています。万が一、入院が必要な場合の対応もス ムーズにできます。また、その他の病院でもご紹介することが可能です。

・がん研究会有明病院
・慶応義塾大学病院
・国立がん研究センター病院
・国立国際医療研究センター病院
・東京医科歯科大学医学部附属病院
・東京医科大学病院
・東京女子医科大学病院
・JR東京総合病院 など

糖尿病専門外来・代謝内科スケジュール

横にスクロールしてください

時間帯
午前 川村 新津 川村 小宮 加計 富山
三好(第1・3・4・5)
新津(第2)
午後 川村
金子
三好 川村     富山

糖尿病専門外来休診情報

  • 休診情報はありません。

医師紹介

川村 光信
川村 光信(かわむら みつのぶ)
卒業大学 1979年 旭川医科大学卒
主な経歴 1979年- 旭川医科大学卒業、東京逓信病院内科系研修医

1981年- 東京逓信病院 内科勤務

1990年- University of Kentucky(USA) Research Fellow

1991年- University of Washington(USA) Research Fellow

1999年- 北京郵政総医院(北京大学医学部、第八医学院[当時])

招聘教授 

2004年-2018年3月

東京医科歯科大学 医学部非常勤講師、臨床教授

2012年- 東京逓信病院 内科・内分泌代謝内科部長、東京逓信病院栄養管理室室長

2018年4月- 新宿つるかめクリニック・小金井つるかめクリニック (準常勤医)

として勤務。現在に至る
専門領域 糖尿病・内分泌代謝内科、内科一般

医学博士(1990年 東京大学)

日本内科学会 総合内科専門医・指導医

日本動脈硬化学会 専門医・指導医・評議員

日本内分泌学会 専門医・指導医・評議員

日本糖尿病学会 専門医・指導医・評議員

日本肥満学会  専門医・指導医・評議員

受診される方へのメッセージ

2018年4月から新宿つるかめクリニック・小金井つるかめクリニックで準常勤医として勤務させていただくことになった川村光信と申します。元々、総合内科診療を志望していました。

卒後10年くらいまでは、内分泌代謝疾患を中心に、血液疾患、膠原病疾患、神経疾患など多方面の診療を行っていましたが、米国留学の際「糖尿病と脂質代謝・動脈硬化」に関する研究生活を送ったのを契機に長年糖尿病・内分泌代謝疾患の専門診療・研究・教育に従事することになりました。

2018年3月で前職を定年退職し、再び完全な実臨床の場に従事することに致しました。しかしこの長い月日の間に、内分泌代謝疾患の分野は言わずもがな、他の分野においても進歩は著しく、現在、日々知識のbrush upに追われています。可能な限り新しい情報の収集に努め、いずれの分野においても患者さんに最新・最適の医療を提供し、地域医療に貢献したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、より正確な診療を行うためには、患者さんご自身から多くの情報を伝えていただくことがとても大切です。(診療は患者さんと医療者の共同作業です。患者さんから正しく病状を伝えていただき、それを医者が的確に判断することによって80-90%の診断は付くと言われています) 是非、ご自分の健康・病気に関心を持ち、正しい情報を提供してくださるようお願い申し上げます。

富山 めぐみ
富山 めぐみ(とみやま めぐみ)
卒業大学 2006年 金沢大学医学部卒
主な経歴 金沢大学医学部卒業後、東京臨海病院 初期臨床研修医、

順天堂東京江東高齢者医療センター 後期臨床研修医を経て、

順天堂大学 代謝・内分泌内科に入局。

2015年1月から順天堂東京江東高齢者医療センター 糖尿病・内分泌内科

2017年4月~2019年3月 小金井つるかめクリニック副院長
専門領域 日本糖尿病学会 糖尿病専門医

日本医師会 認定産業医

日本内科学会 認定内科医

受診される方へのメッセージ

糖尿病を中心として、高尿酸血症、高脂血症、高血圧症、肥満症などの生活習慣病を専門に診療を行っております。土曜日担当ですので、平日お仕事で忙しい皆様の健康管理もお手伝いできればと考えております。元気で明るい外来がモットーです。よろしくお願いいたします。

金子 英司
金子 英司(かねこ えいじ)
卒業大学 昭和63年 東京医科歯科大学医学部卒
主な経歴 東京医科歯科大学第三内科(循環器)

横浜南共済病院第一内科

東京都立広尾病院循環器科

米国ワシントン大学(シアトル)留学

葛西昌医会病院循環器科医長

東京医科歯科大学老年病内科講師

同医歯学教育システム研究センター准教授
専門領域 総合内科専門医

循環器専門医

老年病専門医

受診される方へのメッセージ

循環器疾患や生活習慣病を中心に患者様や御家族とよくお話をしながら診療させていただきたいと思います。