理事長/院長挨拶

理事長/院長挨拶Greeting

理事長ご挨拶

西元慶治

主な経歴

東京医科歯科大学医学部1975年卒。同大学脳神経外科学教室入局。
アメリカ国立保健研究所(NIH)にて脳梗塞の研究、国立横須賀病院「脳神経外科」、東京都立養育院付属病院「脳神経外科」、を経て、新宿海上ビル診療所を開設する。
現在、当クリニック理事長、東京医科歯科大学老年病内科臨床教授。
若手臨床医のアメリカ留学制度「N Program」主宰。

ご挨拶

小金井つるかめクリニックは2009年4月開院致しました。おかげさまで地域の皆様の信頼を少しずつ積み上げております。これも皆さま方のご支援があってのことと厚く御礼申し上げます。

さて、近年の社会情勢の変化をいくつか列挙しますと①国民の高齢化が進行。②医学知識がこれまで以上に加速度的に増大。③コンピューターの性能向上と低廉化。④各種薬剤新製品の開発。そして残念なことに⑤医療人の疲弊。こうしたことが大きく変化して来ているように思います。

われわれつるかめ会においては、⑤のことを言い訳に使おうとは思いません。しかし、一部の医療機関での不祥事のいくつかは、古き良き時代の「責任と誇り」が失われて来ているのではないかと、恐れるものであります。政治形態と同じく、医療サービスのあり方も、結局は国民の資質に相応したものになるという鉄則を、今こそ認識すべきでありましょう。当院ではそういうことのなきよう、常日頃から、しっかりとした動悸づけを職員に対して行っております。また、院長や理事長などリーダーとしての最重要責務は、「やり甲斐と緊張感を持って職員が働けるようにすること」であると考えております。小金井つるかめクリニックにおいては、医療に託された国民のみなさまの期待と希望を着実に果たすよう微力を傾けて、一生懸命努力して参りたいと存じます。受診者の皆さま、どうぞご支援のほど宜しくお願い致します。

院長ご挨拶

石橋史明

出身大学

東京医科歯科大学医学部医学科卒

主な経歴

2010年4月~  東京医科歯科大学で初期研修
2012年4月~  都立墨東病院消化器内科
2014年4月~  昭和大学横浜市北部病院消化器センター助教
2015年4月~  東京医科歯科大学医学部附属病院消化器内科
2018年8月~  新宿つるかめクリニック 消化器病センター
2019年4月~  小金井つるかめクリニック 院長

専門領域

大腸内視鏡(消化器病専門医、消化器内視鏡専門医)
肝臓疾患(肝臓専門医)
炎症性腸疾患

ご挨拶

私は大学病院で大腸内視鏡検査の研鑽を積んだ後、大腸上皮の再生医療に関する基礎研究に従事、その後新宿つるかめクリニックでの勤務を経て、2019年4月より小金井つるかめクリニックの院長職に就任致しました。専門は消化器内科(消化器病・肝臓・消化器内視鏡専門医)ではありますが、「専門医たる前に内科医たれ、内科医たる前に医療人たれ医療人たる前に人間たれ」をモットーに、全人的な診療を行えるよう心がけております。

・全診療科の専門外来開設
・充実した検診の提供と検診結果の正確な解釈
・質が高く苦痛のない胃・大腸内視鏡検査

がん統計で示された通り、日本人の2人に1人はがんにかかる時代です。当院では、がんを見逃さず、予防医学的な見地からそもそもがんにさせない質の高い医療を提供できるように、「全診療科の専門外来開設」「充実した検診の提供と検診結果の正確な解釈」「質が高く苦痛のない胃・大腸内視鏡検査」を目標に掲げております。もちろん、風邪や腹痛などの急性疾患の診療に加え、高血圧、喘息、糖尿病などの慢性疾患についても、近隣の高度医療施設との連携のもと各専門医が常に外来診療を行っており、あらゆるニーズに対応しております。健康に関することでお悩みのことがございましたら、お気軽に当院外来をご受診下さい。

内視鏡センターについて
〜多摩地区において随一の内視鏡件数〜

当院では開院以来、胃・大腸内視鏡検査を専門的に行う内視鏡センターを併設しております。私を含めた消化器内視鏡専門医2名の常勤医が毎日検査に従事するほか、杏林大学、順天堂大学、東京医科歯科大学、NTT東日本関東病院の内視鏡専門医を招聘し、日々の内視鏡検査を行っています。多くの患者さんや検診受検者の皆さんに内視鏡検査を受けて頂き、この件数は年々増加していますが、それとともに、検査医側も常に質の高い内視鏡検査を提供できるよう努力して参りました。その結果、腹痛などの症状がある方はもちろん ですが、驚くべきことに、全く症状のない検診受検者の方の中にも悪性疾患(がん)が見つかるようになっています。2017年度を例にとると、のべ6771人の方々に内視鏡検査を受けて頂き、その中で実に29人(0.4%)に悪性疾患が見つかりました。強調したい点は、この中の25人の方々は「早期がん」の状態で見つかっています。内視鏡技術の向上に伴い、このような早期がんは簡単な内視鏡治療により治癒できる時代になっており、いかに早期にがんを見つけることができるかが重要です。

内視鏡検査は高度な専門性を有する特殊技能であり、医師の技能が一定レベルにあることはもちろん必要ですが、検査の介助を行う内視鏡専属看護師がいること、最新の内視鏡機器が配置されていること、適切な鎮静剤(安定剤)の使用による苦痛のない内視鏡検査を提供可能であることなど、「施設」としての質も重要です。当院の内視鏡センターは、東京都下多摩地区において随一の内視鏡件数を、高い質を保ちながら行うことのできる施設として、リーダーシップを発揮していく所存です。小金井つるかめクリニックおよび、併設の内視鏡センターをよろしくお願い致します。