睡眠時無呼吸外来について

大きないびきの原因は、睡眠時無呼吸症(Sleep Apnea Syndrome:SAS)かもしれません。

次のような症状はありませんか?

次のような症状はありませんか?

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に何回も呼吸が止まりぐっすり眠ることができない病気です。 「いびき」「昼間の強い眠気・疲労感」「起床時の頭痛」「眠っても熟睡できない」などありますので、これらの症状がある方は検査を受けられることをお勧めします。

潜在患者は人口の2~3%といわれ、放っておくと高血圧や心臓循環障害、脳循環障害などに陥るといわれています。


また日中の眠気などのために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど社会生活に重大な悪影響を引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群の原因について

1.舌、アデノイドや扁桃の肥大、首周りの脂肪などにより、上気道が狭くなることが原因となります。

2.肥満がなくても、小額症などであごが小さかったり、後退していたりして上気道が狭くなるとSASの原因になります。

検査の手順

呼吸の状態、血中の酸素飽和濃度などを睡眠中に検査します。測定に必要なセンサーを付けて眠るだけです 。自宅で検査ができますので、仕事を休む必要がありません。


<<検査の方法>>

  1. 1.呼吸状態の検査
     鼻に気流センサーを付けます。酸素を吸う鼻カニューラと同じです。
  2. 2.血中の酸素濃度の検査
     酸素飽和度センサーをテープで指に張り付けます。


<<検査の手順>>

1.診察を受ける。
2.検査実施日(2晩)を決める。
3.検査機器(ノートパソコン程度の大きさ)を2泊3日貸し出されるので機器を自宅に持ち帰り、就寝時にセンサーを装着し、呼吸の状態や血中の酸素飽和濃度などを測定する。
4.機器を返却する。
5.約2週間後に解析結果がでますので、医師から結果説明を受ける。

検査をご希望の場合は、ご予約時に「睡眠時無呼吸検査を希望」とお申し出ください。

睡眠時無呼吸症候群の治療法について

  1. 1.経鼻的持続気道陽圧療法(CPAP療法)が第一選択ですが、根治治療ではありません。
  2. 2.食生活や運動などの生活習慣の改善:肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の治療も大切です。
  3. 3.口腔装置の装着、耳鼻咽喉科治療もあります。

※CPAP療法により突然死、交通事故などを減らすことはできますが、原因となっている生活習慣病の治療が重要です。

睡眠時無呼吸外来スケジュール

横にスクロールしてください

時間帯
午前 小川(ゆ) 小川(ゆ) 小川(ゆ)   山田  
午後 小川(ゆ)   小川(ゆ) 本村 家城  

睡眠時無呼吸外来休診情報

    休診情報はありません。